存在と共同―ハイデガー哲学の構造と展開

個数:
  • ポイントキャンペーン

存在と共同―ハイデガー哲学の構造と展開

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月21日 02時27分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 371,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588150463
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C3010

内容説明

20世紀最大の哲学者ハイデガーは、その「存在の問い」において、一体何を問うていたのか。『存在と時間』から後期の思索に至るまでの「存在の問い」展開の道筋をたどる本書は、「存在」という事象がはらむ諸契機―自然、歴史、神―を、その内的な連関において捉え、「存在」の探求が「共同体」の新たな基礎づけの試みであることを明らかにする。ハイデガーによる西洋形而上学・ロゴス中心主義批判の論理を、その政治的含意とともに解明して、ポストモダン思想および現代の人文科学に明確な哲学的基礎を与える意欲作。

目次

第1章 「存在の問い」の導入―『存在と時間』の基本構造(現象学から「存在の問い」へ;内‐存在の三つの契機―情態性、了解、語り ほか)
第2章 『存在と時間』の未完(第三篇「時間と存在」の挫折;『現象学の根本問題』における「新たな仕上げ」 ほか)
第3章 存在問題の展開―メタ存在論(一九二八年夏学期講義におけるメタ存在論;メタ存在論の展開―「民族の世界」の開示 ほか)
第4章 形而上学の起源と展開―存在の歴史(形而上学の本質としてのイデア論;ピュシスとロゴス分離―理性中心主義の起源 ほか)
第5章 「存在の問い」の到達点(講演「時間と存在」;転回の思索―思索の転回ではなく ほか)

著者等紹介

轟孝夫[トドロキタカオ]
1968年生まれ。1999年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。現在、防衛大学校人間文化学科講師。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ハイデガー「存在の問い」の意味を探り西洋形而上学・ロゴス中心主義批判の論理を解明しポストモダンと人文科学に根源的な転回を促す