叢書・ウニベルシタス<br> オマージュの試み (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
オマージュの試み (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月10日 10時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 149p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588140617
  • NDC分類 139
  • Cコード C1398

出版社内容情報

エリアーデ、カイヨワ、ベケット、ボルヘスなど、同時代人たちの肖像を、その思想を生きている生ま身の存在として描き、その風貌を友情と愛惜をこめて語る。さらには、ヴァレリーから、フィッツジェラルドの『壊れる』までも論じて、〈窮極的なるものへの情熱〉への共感をつづる。

内容説明

宿命への愛惜、運命愛への共感。ベケット、ボルヘス、ミショー、エリアーデ、カイヨワなど同時代人たち、さらにはヴァレリーやフィッツジェラルド、そして自分自身を、言葉とともに思想を生きる生身の存在として、その“肖像”を描き出す。

目次

ポール・ヴァレリー―完璧の災い
ガブリエル・マルセル―ある哲学者の肖像
ベケット―何度かの出会い
サン=ジョン・ペルス
ミルチア・エリアーデ
カイヨワ―鉱物の魅惑
ミショー―窮極的なるものへの情熱
バンジャマン・フォンダーヌ―ローラン街六番地
ボルヘス―フェルナンド・サヴァテルへの手紙
マリーア・ザンブラーノ―決定的現存
ヴァイニンガー―ジャック・ル・リデールへの手紙
フィッツジェラルド―一アメリカ人作家のパスカル的経験
グイード・チェロネッティ―肉体の地獄
この世の女(ひと)ならず…
告白摘録
旧著再読

著者等紹介

シオラン,E.M.[シオラン,E.M.] [Cioran,E.M.]
1911年、ルーマニアに生まれる。1931年、ブカレスト大学文学部卒業。哲学教授資格を取得後、1937年、パリに留学。以後パリに定住してフランス語で著作を発表。孤独な無国籍者(自称「穴居人」)として、イデオロギーや教養で正当化された文明の虚妄と幻想を徹底的に告発し、人間存在の深奥から、ラディカルな懐疑思想を断章のかたちで展開する。『歴史とユートピア』でコンバ賞受賞。1995年6月20日死去

金井裕[カナイユウ]
1934年、東京に生まれる。京都大学仏文科卒。訳書:シオラン『カイエ1957‐1972』(第44回日本翻訳文化賞、第13回日仏翻訳文学賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

3
ポール・ヴァレリー─完璧の災い ガブリエル・マルセル─ある哲学者の肖像 ベケット─何度かの出会い サン゠ジョン・ペルス ミルチア・エリアーデ カイヨワ─鉱物の魅惑 ミショー─窮極的なるものへの情熱 パンジャマン・フォンダーヌ─ローラン街六番地 ボルヘス─フェルダンド・サヴァテルへの手紙 マリーア・ザンブラーノ─決定的現存 ヴァイニンガー─ジャック・ル・リデールへの手紙 フィッツジェラルド─一アメリカ人作家のパスカル的経験 グイード・チェロネッティ─肉体の地獄 この世の女ならず… 旧著再読2021/11/08

袖崎いたる

3
あれ、初めてシオラン読んだな、これ。ベケットについての言及があってチェック。ベケットのことを非人間的と呼んでおる。はは。ベケットが味方や敵を非難したことはなかった、と思想的に語ってはいるけど、ウソコケ、暴言多かったやろ。でもそういうふうに語れる理由もわかる。シオランはベケットの誰かを非難しないという態度を優越の一形式だと語っていて、なるほどな。これはエゴイストであることでもある。それと「前置詞の形而上学的貧困」ってボキャは強いな。現実の上位審級にあたる文学を予感させて、好き。2021/10/14

んぬ

0
ベケットとフィッツジェラルドが目当てで読んだ。シオランの文章は豊かだけれど、それでいて率直なのですっと心に入ってくる。知らない人も多かったけど面白い読み物だった。2021/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18213219

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。