叢書・ウニベルシタス<br> フランスの自伝 - 自伝文学の主題と構造 (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
フランスの自伝 - 自伝文学の主題と構造 (新装版)

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月27日 06時32分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 342p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588140570
  • NDC分類 950.2
  • Cコード C1398

出版社内容情報

己れの生涯を綴って数々の傑作を生んだ〈自伝〉という特異かつ曖昧な文学ジャンルを、その定義、歴史と諸問題等の批評を通して明確に位置づける。ルソー、ジッド、スタンダール、サルトルはじめヨーロッパ古今の作品を射程におさめ、〈自伝〉を根源的に考察。『自伝契約』で知られる著者の古典的な出発点。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

nranjen

4
この本も何度も読んでいる。新装版が出てくれて入手できてよかった。何度も読むような本は、自分の手元においておきたいものだ。2021/06/29

nranjen

4
図書館本。フランスにおける自伝に関して論じた本。『自伝契約』という本もあるらしく、惹かれる。でも日本語版へのあとがきで書かれているように、これらの書物が出版された後のジョルジュ・ペレックとの出会いとその研究について、もっと惹かれる。翻訳本はないのか。amazonで文庫本も出ているが、このご時世入手しにくい(手数料高騰)なのも悔しい。返却期限が来ているので返す。また借りる。前半の論理も面白いが、アンソロジーも読み応えがある。2021/03/15

古本虫がさまよう

1
著者によると、「自伝」と「回想録」とは異なるものだとのこと。もちろん「日記」とも異なる。この違いに関しての詳細は本書を読んでいただくとして、訳者も指摘しているが「自伝文学」といえば、日本では佐伯彰一さんの名前がすぐに浮かんでくる。 『自伝の世紀』 『近代日本の自伝』 などかつて面白く読んだ記憶が甦ってきた。 本書(フランスの自伝)の後半は、フランス人の自伝のアンソロジーみたいになっているが、フランス人といえば、レイモン・アロンなどがすぐに浮かぶ。2020/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15772100

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。