活動の奇跡―アーレント政治理論と哲学カフェ

個数:

活動の奇跡―アーレント政治理論と哲学カフェ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年07月11日 11時20分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 380p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588130304
  • NDC分類 311.253
  • Cコード C1010

内容説明

ハンナ・アーレントが見出した「活動」の奇蹟と、哲学カフェ実践の軌跡。人生のさまざまな困難の当事者を含め、誰もが平等に声を発し、互いに耳を傾け、その人固有の存在として現われることのできる新しい政治的公共性の場所づくりが、いま求められている。哲学とその外を往還し、村上春樹と悪のモチーフ、建築や臨床の知の具体例から、「私たち」の感覚を取り戻し、思考なき全体主義を克服する道を探る好著!

目次

第1部 複数性・活動・自由―アーレントにおける“政治”をめぐって(他者の存在を必要とするということ―複数性という人間の条件;活動の一つの範例―哲学カフェという営み;“政治”の存在理由―活動において経験される“自由”)
第2部 哲学と市民のあいだ―“世界”を愛するということ(活動の奇蹟―「諸権利をもつ権利」という言葉;「私たち」という感覚を育むために―哲学カフェとシティズンシップ;活動しながら考える―活動と思考との失われた環)
第3部 活動を支え、語り継ぐものたち―アーレント政治理論の一つの帰趨(「思考の道徳性」のアポリア―アーレントの道徳哲学講義;閾と語り―ナラティヴ・コミュニティ試論;観客と歴史家―あるいは傍観者、詩人、物語作家らをめぐって)

著者等紹介

三浦隆宏[ミウラタカヒロ]
1975年三重県生まれ。2004年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程(文化形態論専攻、臨床哲学専門分野)単位修得退学。博士(文学、大阪大学)。現在、椙山女学園大学人間関係学部准教授。専門は倫理学・臨床哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アーレントが見出した「活動」の奇蹟と、哲学カフェ実践の軌跡。人生のさまざまな困難の当事者を含め、誰もが平等に声を発し、互いに耳を傾け、その人固有の存在として現われることのできる新しい政治的公共性の場所づくりが、いま求められている。哲学とその外を往還し、村上春樹と悪のモチーフ、建築や臨床の知の具体例から、「私たち」の感覚を取り戻し、思考なき全体主義を克服する道を探る好著。