サルトルのプリズム―二十世紀フランス文学・思想論

個数:
  • ポイントキャンペーン

サルトルのプリズム―二十世紀フランス文学・思想論

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 398p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784588130298
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1010

内容説明

膨大な著作や画期的な論争によって、二十世紀フランスを代表する哲学者・知識人となったサルトル。世界大戦がもたらした実存の虚無に想像力で立ち向かった作家は、同時代人との友情・競合関係を通じていかにその特異な思想と文体を創造しえたのか。サルトル研究の第一人者が、伝記や自伝、イメージ論や文体論、同性愛などのテーマに着目し、一つの時代を多面的に浮き彫りにする。

目次

第1部 同時代を生きること(世代の問題を出発点として;他者の現象学―プルーストを読むサルトルとレヴィナス;両大戦間期パリ―ロシア系哲学者たち、九鬼周造とサルトル;シュルレアリスムとエグゾティスム―ブルトンとサルトル;神秘主義をめぐって―バタイユとサルトル;人間と歴史をめぐって―レヴィ=ストロースとサルトル;いかにして共に生きるか―サルトルとバルト;集団、主体性、共同体―六八年五月とサルトル、トゥルーズ=ガタリ、ブランショ;詩人ポンジュを読む二人の哲学者―デリダとサルトル)
第2部 サルトルの提起する問い(イメージ論とは何か―不在の写真をめぐって;文学と哲学の草稿研究―『カルネ』を中心に;同性愛とヒューマニズム―実存主義のジェンダー論;作家・哲学者にとってスタイルとは―文体論をめぐって;自伝というトポス)

著者等紹介

澤田直[サワダナオ]
1959年東京生。立教大学文学部教授。パリ第1大学博士課程修了(哲学博士)。フランス語圏文学・現代思想。訳書にベルナール=アンリ・レヴィ『サルトルの世紀』(共訳、藤原書店、第41回日本翻訳出版文化賞)、フィリップ・フォレスト『さりながら』(白水社、第15回日仏翻訳文学賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

実存哲学の旗手は、同時代の思想潮流と格闘しつつ、いかに独自の批評や文体を創造したのか。イメージや歴史などの光源から掘り下げ…

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件