寛容論争集成〈下〉―ピエール・ベール関連資料集〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

寛容論争集成〈下〉―ピエール・ベール関連資料集〈2〉

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 1030/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588120305
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C1310

内容説明

ベール周辺の寛容をめぐる政治・神学論争を集成する本書下巻には、ジュリュー、ジャクロ、フィリポ、ソーラン、バルベラックらの文書を収める。巻末にはこれら著者・思想家たちの人物紹介に加え、フランク・ピュオーによる解説書『十七世紀における「寛容」のフランス人先駆者たち』を併録し、ひとつの時代の思想的全体像を浮かび上がらせる。訳者のライフワーク、十七世紀思想史の到達点。

目次

ピエール・ジュリュー―ソッツィーニ主義一覧
イザーク・ジャクロ―『ソッツィーニ主義一覧』についての意見(一六九〇年)
ジャック・フィリポ―寛容の正しい限界
エリ・ソーラン―良心の権利についての考察
ジャン・バルベラック(プーフェンドルフ『自然法・万民法』の仏訳に付した「訳者序文」―抄(一七〇六年)
『教父道徳論』―抄(一七二八年))
解説 フランク・ピュオー―『十七世紀における「寛容」のフランス人先駆者たち』(一八八一年)

著者等紹介

野沢協[ノザワキョウ]
1930年鎌倉市に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学教授。駒沢大学教授を務める。主な訳書:P.アザール『ヨーロッパ精神の危機』(第9回クローデル賞)、A.リシュタンベルジェ『十八世紀社会主義』(第19回日本翻訳文化賞)、『ピエール・ベール著作集全8巻・補巻1』(全巻個人訳、第2回日仏翻訳文学賞・第34回日本翻訳文化賞)(以上の翻訳書は、法政大学出版局刊)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。