ウナムーノ著作集
生の悲劇的感情

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 391p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588120060
  • Cコード C1310

出版社内容情報

生,死,人間とは何か。基本的問題を己れの哲学の出発点として根源的に問い,「肉と骨の具体的」人間論,宗教思想を展開した代表作。生,死,そして人間とは何か。これらの基本的問題を己れの哲学の出発点として根源的に問い,独自の「肉と骨の具体的」人間論,宗教思想を展開した著者の代表作。

  目次

? 肉と骨の人間

? 出発点

? 不滅への渇望

? カトリシズムの本質

? 合理的な分解

? 奈落の底にて

? 愛・苦悩・同情、そして人格

? 神から神へ

? 信・望・愛

? 宗教、来世神話、そして万有帰神説

? 実践的な問題

? 結語 現代ヨーロッパの悲喜劇におけるドン・キホーテ

  解説

ウナムーノ[ウナムーノ]

神吉 敬三[カンキケイゾウ]

佐々木 孝[ササキタカシ]

内容説明

「肉と骨の人間」その雄叫びを聞け!これは、現代の根源を切り裂く「慟哭」である。燃ゆる魂が哭いているのだ。我々一人ひとりに向けられた、著者の発する「荒野に叫ぶ声」が聞こえて来るに違いない。

目次

肉と骨の人間
出発展
不滅への渇望
カトリシズムの本質
合理的な分解
奈落の底にて
愛・苦悩・同情、そして人格
神から神へ
信・望・愛
宗教、来世神話、そして万有帰神説
実践的な問題
結語 現代ヨーロッパの悲喜劇におけるドン・キホーテ

著者等紹介

神吉敬三[カンキケイゾウ] [Masia,Juan]
1932年生る。上智大学卒業。マドリッド大学にてスペイン美術史専攻。現在上智大学教授

佐々木孝[ササキタカシ]
1939年生る。上智大学イスパニア語科、哲学科卒業。現在東京純心女子短大教授

マシア,ヨハネ[マシア,ヨハネ]
1941年スペインに生る。アルカラ・デ・エナレス哲学院卒業。宗教哲学専攻。上智大学大学院哲学研究科博士課程修了。上智大学教授を経て、現在マドリードのコミーリャス大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

吟遊

4
不滅への願い2019/12/31

takawagner

4
魂の不滅性を渇望せよ。不滅性とは単に長生きすることではない。昨今の巷の健康志向の高まりに嫌気がさしてきた人もいるだろう。重要なのはその手にした健康で何を為すのかということ。ウナムーノは言う「虚栄心の強い人間は、強欲な人間と同じで、手段を目的と取り違え、目的を忘れて手段の段階にとどまってしまう。」と。自分が得たものより多くのものを残す者は尊敬されるが、自分が与えるよりも多くのものを得ようとする者は軽蔑される。自分の健康のために様々なものを得ようとするが、果たして彼らはいったいそれで何を残したいのだろうか。2019/05/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11447283

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。