《思想・多島海》シリーズ<br> 形而上の中世都市―“散歩の文化学”中世篇

個数:
  • ポイントキャンペーン

《思想・多島海》シリーズ
形而上の中世都市―“散歩の文化学”中世篇

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 09時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 380,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100185
  • NDC分類 361.78

内容説明

諸国一見僧や京童、歩き神に誘われた人々が、遍歴・道行・往来した“中世的界隈”を透視し、生活の聖化と都市の形而上化を生む中世的コスモロジーの時空構造を問う。

目次

われわれの裡なる中世を覚醒すべきこと
第1部 中世的定位(中世都市の脱・都市化‐形而上化;定位ペルソナの実念化;代替都市としての定位コスモロジー)
第2部 中世的界隈(都市の死生;古代都市の死;都鄙の観念化 ほか)
第3部 生活の聖化(戸籍の弛緩と形而上の都市世界;ろばと京童と都市祝祭;遁世からの帰還―市の聖たち)
結び 記号人としての普遍的中世人

著者紹介

前野佳彦[マエノヨシヒコ]
1953年福岡県生まれ。74年東京大学法学部中退、79年同大学院人文科学研究科修士課程修了、80~84年シュトゥットガルト大学・ロンドン大学付属ワールブルク研究所に留学。84年シュトゥットガルト大学哲学部博士学位(Dr.phil.)取得。現在、“文化記号塾”主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

●内容紹介(版元ドットコムより)
古代都市の制度的自壊を超えて、都鄙の全面的な流通の自生から生み出されてくる中世都市と都市経験の系譜。中世の散歩人は、世界認識の身体性、特に滅びの位相を芯とする時間性、形而下の世界を超えたコスモロジーに世界の意味を見出そうとする形而上性、をその特性とした。彼らが歩いた中世的界隈と、〈見える・裡なる〉都市のコスモロジーを記号論的に捉え、〈中世〉とは何かに迫る。