《思想・多島海》シリーズ<br> “内なる光”と教育―プラグマティズムの再構築

個数:

《思想・多島海》シリーズ
“内なる光”と教育―プラグマティズムの再構築

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 297,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100147
  • NDC分類 133.9
  • Cコード C1310

内容説明

デューイの民主主義と教育の思想の今日的意義を、エマソンの「道徳的完成主義」と対話させつつ探究し、民主主義と教育の危機に対して、エマソンの“内なる光”の思想をもって応える。1980年代以降のローティ、パトナム、カベルらの論争を踏まえ、公共世界を内側から照らし出す「生き方としての民主主義」の思想へ、変容・転換・再生をはらむ「教育としての哲学」へ、プラグマティズムの批判的再構築を試みる本書は、独創的な地平を切り拓き、欧米の哲学界・教育哲学界で高い評価を得た。

目次

第1部 プラグマティズムの今日的評価―デューイの「終わりなき成長」をめぐって(「民主主義と教育」の光を求めて;「終わりなき成長」への挑戦―ヘーゲルとダーウィンの間のデューイ)
第2部 エマソンの道徳的完成主義―プラグマティズム批判の再構築(デューイとエマソンをめぐる論争―ヘーゲルとダーウィンの彼方のデューイ;カベルによる「エマソンの道徳的完成主義」―デューイとエマソンの近親性;「子どもの声」の問題―デューイとエマソンの距離)
第3部 「内なる光」の覚醒―プラグマティズムの再構築(「内なる光」にみるデューイの転換―成長の円弧を超えて;「内なる光」の喪失―プラグマティズムと悲劇的なものの超越;「内なる光」と完成主義の教育)

著者等紹介

齋藤直子[サイトウナオコ]
京都大学大学院教育学研究科、准教授。コロンビア大学Ph.D.(2000年)。専門はプラグマティズムを中心とするアメリカ哲学、教育哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。