《思想・多島海》シリーズ<br> 生きられる歴史的世界―ディルタイ哲学のヴィジョン

個数:
  • ポイントキャンペーン

《思想・多島海》シリーズ
生きられる歴史的世界―ディルタイ哲学のヴィジョン

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 288,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100116
  • NDC分類 134.9

内容説明

精神的な生の世界としての“歴史的世界”の構造・発展・作用のダイナミズムを、ディルタイは概念的に究明すべく繊細な思索努力を積み重ねた―その軌跡と論理をたどり、「生きられる歴史的世界」のアクチュアリティと歴史的自己省察の可能性を「解釈学的理性批判」の視座から追究して、未完成交響曲でありオープン・システムであるディルタイ哲学の全体像を、明確なヴィジョンへと構築し直す。

目次

第1章 歴史の基底としての人間的生
第2章 歴史的ダイナミズムとして現象する人間的生
第3章 「表現」として現象する人間的生
第4章 歴史的世界の認識
第5章 人間的生の世界のカテゴリー論
第6章 「自己省察」としての哲学
第7章 歴史的世界の哲学的アポリア
終章 生きられる歴史的世界のヴィジョン

著者紹介

塚本正明[ツカモトマサアキ]
1947年札幌市に生まれる。1971年京都大学文学部哲学科卒業。1976年京都大学大学院文学研究科(哲学専攻)博士課程単位取得。現在、奈良女子大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)