《思想・多島海》シリーズ<br> 原初からの問い―バシュラール論考

個数:

《思想・多島海》シリーズ
原初からの問い―バシュラール論考

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100079
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C1370

内容説明

広大無辺の想像力の世界を四大元素をもとに分析したバシュラールの詩的想像力論を追跡・検討し、イマージュを“もの”と“人間”の出会う場として位置づけつつ、近代化=科学的思考によって失われた詩的想像力と自然・身体性の回復をめざす。科学的認識論をふまえた物質的想像力論により、詩学の根本概念を探る。前著『バシュラールの詩学』で展開した論考をさらに発展させた続編。

目次

第1部 想像力の理論(バシュラールの想像力理論の理解をめぐって;切断と連続―接木という概念装置をめぐって)
第2部 『瞬間の直観』を読む(瞬間;習慣の問題と不連続な時間;進歩の観念と不連続な時間の直観)
第3部 二つの詩学(シニフィアンの詩学覚書;沈黙の詩学覚書;バシュラールからセールへ―複雑系の哲学)

著者紹介

及川馥[オイカワカオル]
1932年生。茨城大学名誉教授、愛国学園大学人間文化学部教授(2006年3月退職)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)