《思想・多島海》シリーズ<br> 共和国幻想―レチフとサドの世界

個数:

《思想・多島海》シリーズ
共和国幻想―レチフとサドの世界

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588100031
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C1398

内容説明

『パリの夜』『南半球の発見』などで知られる。レチフ、『悪徳の栄え』『恋の罪』などのサドを中心に、フランス革命期の夢想と幻視、自由と悪徳の世界を探る。モンテスキュー、ヴォルテール、ディドロらの啓蒙思想、メルシエ、メリエ、マブリ、モレリらの特異な宗教・社会批判、ユートピア思想も縦横に論じ、18世紀精神史の豊かな鉱脈に迫る。レチフとサド研究・翻訳の第一人者による珠玉の論考。

目次

幸福をめぐる三つのパラドックス
もう一つの共鳴
二つの生のスタイル―カザノヴァとレチフ
『ムッシュー・ニコラ』の刊行
ユートピストの肖像―一八世紀フランスにおける革命の幻視者たち
共和国幻想
ユートピア小説『南半球の発見』
内蔵された二つの語り
作家の常数と変数―レチフ・ド・ラ・ブルトンヌの場合
レチフとフランス革命
春本と「哲学書」―違反の領域に鎮座するリベルタン小説
小説化サドのファンタスム
『恋の罪』語りの定式

著者紹介

植田祐次[ウエダユウジ]
1936年旧満州国営口に生まれる。早稲田大学大学院博士課程中退。青山学院大学名誉教授

出版社内容情報

レチフとサドの夢想と幻想の世界を中心に,ヴォルテール・ディドロ・メルシエ・メリエらの社会・宗教批判,ユートピアを縦横に論じ,18世紀精神史の鉱脈に迫る。