叢書・ウニベルシタス<br> ヨーロッパの日記 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
ヨーロッパの日記 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 2冊/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099991
  • NDC分類 902.5

目次

第1部 ヨーロッパの日記の基本モチーフ―比較文学史のために(構造と動機;自己観察と世界観察;自己の発揚と解体;愛、性愛、性欲;隣人にたいする不安と外界批判;証言記録と時代批判;日記の“神話的意味”)
第2部 ヨーロッパ日記選(ルネサンスから古典的絶対主義の終りまで;フランス革命から世紀末デカダンスまで;古いヨーロッパの終焉から現代まで)

著者紹介

ホッケ,グスタフ・ルネ[ホッケ,グスタフルネ] [Hocke,Gustav Ren´e]
1908年ブリュッセルでドイツ系の父とフランス系の母のもとに生れる。ベルリン大学在籍中にE.R.クルツィウスの著作に触発されてボン大学に移る。長期のパリ留学を経て1934年に師の審査のもとで哲学博士の学位を得る。同年ケルン新聞に入社。最初のイタリア旅行後イタリアと大ギリシア文化の研究に没頭する。1940年ケルン新聞ローマ特派員。戦争による中断後1949年戦後初のドイツ通信員としてローマを再訪し精力的なジャーナリズム活動を続ける傍ら包括的なマニエリスム研究に従事。1985年7月14日死去

石丸昭二[イシマルショウジ]
1940年生れ。東京大学大学院修士課程修了。ドイツ文学専攻。お茶の水女子大学名誉教授

柴田斎[シバタヒトシ]
1939年生れ。広島大学大学院修士課程修了。ドイツ文学専攻。姫路工業大学元教授

信岡資生[ノブオカヨリオ]
1929年生れ。東京大学独文科卒。ドイツ文学専攻。成城大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)