叢書・ウニベルシタス<br> 群衆と権力〈上〉 (新装版)

個数:

叢書・ウニベルシタス
群衆と権力〈上〉 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月19日 14時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 422p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588099243
  • NDC分類 361.44
  • Cコード C1310

目次

群衆
群れ
群れと宗教
歴史における群衆
権力の臓腑
生きのこる者

著者等紹介

カネッティ,エリアス[カネッティ,エリアス][Canetti,Elias]
1905年、ブルガリアのスパニオル(15世紀にスペインを追われたユダヤ人の子孫)の家庭に生まれ、少年時代をヨーロッパ各地で過ごし、ヴィーン大学で化学を専攻、のちイギリスに亡命し、群衆・権力・死・変身をテーマにした著作をドイツ語で発表。1994年8月14日チューリッヒで死去、89歳。1981年度ノーベル文学賞受賞

岩田行一[イワタコウイチ]
1930年生まれ。東京大学文学部ドイツ文学科卒業。東京都立大学名誉教授。2004年9月死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぽん教授(非実在系)

3
エリアーデやフレイザーっぽい人類学的視点から群集を考察していく。疫病や戦乱で大量に死んでいく人も一つの目的=死へと一直線に走る群衆と捉えるなど、独特な思考法をするので、異議を感じやすいかもしれないが、新鮮で学べると思う人も多いだろう。ただ、この知見をどう使うかとなると一苦労すると思われる。2021/09/06

せみ

3
まったく不思議な本。社会学的な?群衆論・権力論を期待すると肩透かしを食らうでしょう。シンボリックなイマジネーションの世界が広がっています。2012/09/12

つだしょ

3
引用される文献が素晴らしい。それだけ読むのも有り。さすが、ライフワークだっただけのことはあって、内容が濃い。共感できるかできないかということも重要。閉じた群衆、開いた群衆など、イメージしやすいか。人を群れとして捉えるのは、R.ドーキンスみたいなひとなら呆れるだろうが、正しいとか間違いとかではなく、作品として面白いから有り。2012/04/20

抹茶ケーキ

1
社会学的な分析かと思ってたけど全然違った。どうもまとめづらいけど、群衆と権力に関わるシンボルを記号学的に分析してるのかなと思った。何が言いたいのか完全にはわからないけど、何か重要なことを言ってるんじゃないかと思わせるところがフランス現代思想の人と似てるような。2015/10/07

陽香

1
201009302013/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1295608

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。