韓国の学術と文化<br> 朝鮮王朝社会と儒教

個数:

韓国の学術と文化
朝鮮王朝社会と儒教

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 321,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588080029
  • NDC分類 221.05
  • Cコード C3322

出版社内容情報

農業技術や貨幣経済の発達など,15,16世紀朝鮮の社会経済的変動は,新儒教=性理学の受容および定着と密接に関連していたことを論証して,儒教再評価を促す。

内容説明

高麗末期に中国から受容された新儒学=性理学は、朝鮮王朝時代の社会にいかなる影響を与えたか。農業技術の発達や貨幣経済の進展など、15・16世紀に顕著にみられた社会経済変動は、新儒学の定着と密接に関連して起こったものであることを究明し、党派間の政争=党争や士族層による書院の設置などの実態と意義を再評価する。さらに壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮侵略)克服の大きな原動力となった義兵活動に注目して、それを可能とした在地士族の動向を解明するなど、東アジア三国の比較を試みつつ、停滞性理論を打破する新たな朝鮮中世史像を提示した労作。

目次

第1部 社会経済変動と儒教思想(韓国の農業技術発達と文化変遷;世宗代の農業技術政策;世宗代の天文研究と農業政策;十五・十六世紀新儒学定着の社会経済的背景 ほか)
第2部 儒教社会の運営構造と政治発達(朝鮮性理学の歴史的機能;党派性論批判;朝鮮時代の両班―概念と研究動向;朋党政治成立の歴史的背景 ほか)