りぶらりあ選書<br> 子どもの描画心理学 (新装版)

個数:

りぶらりあ選書
子どもの描画心理学 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月23日 10時10分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 216p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588023019
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C1311

内容説明

単純でありながら人をひきつける子どもたちの絵は、何を反映しているのか。それは、彼らの情緒やパーソナリティの指標となるのだろうか。本書は、子どもの描画研究の歴史におけるさまざまなアプローチを紹介し論評しながら、描画とは何か、子どもたちはなぜ描くのかをさぐり、描画過程の役割と、その作品にあたえる影響の重要性、子どもたちが描画のなかに提示するゆたかな情報に着目して、児童画研究の将来を展望する。心理学専攻の研究者や学生はもとより、美術学校や幼稚園の先生・保育士のための描画心理学入門。

目次

第1章 歴史と理論的概観
第2章 子どもの描画の特徴
第3章 描画とは何か
第4章 なぜ子どもは描画するのか?
第5章 描画過程とその効果
第6章 描画のなかに提示されているのはどんな情報か?
第7章 描画の感情表現の側面
第8章 特異な描画発達
第9章 芸術としての子どもの描画
第10章 結論と将来の方向

著者等紹介

トーマス,グリン・V.[トーマス,グリンV.][Thomas,Glyn V.]
フリーマンの業績をうけつぐ現代イギリスの心理学者。バーミンガム大学の心理学講師を務める

シルク,アンジェル・M.J.[シルク,アンジェルM.J.][Silk,Ang`ele M.J.]
フリーマンの業績をうけつぐ現代イギリスの心理学者。バーミンガム大学の名誉研究員を務める

中川作一[ナカガワサクイチ]
1925年東京都に生まれる。1950年早稲田大学文学部哲学科心理学専攻卒業(青年心理学・絵画と知覚・社会心理学)。現在、法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。