りぶらりあ選書<br> 考える/分類する―日常生活の社会学

りぶらりあ選書
考える/分類する―日常生活の社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 143p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588022029
  • NDC分類 116.5
  • Cコード C1336

出版社内容情報

日常卑近な〈もの〉の目録を列挙しつつ,収集?分類?整理という人間の社会 - 心理的素描を試みる考現学的考察を通じて,現代社会と人間の恐るべき変貌を描き出す。

内容説明

ありふれた日常的な「もの」の目録を列挙しつつ、収集‐整理‐分類という、思考以前の人間の習性について、社会‐心理的素描を試みる考現学的考察。情報化社会における人間の思考と分類のシステムを描き出す。

目次

私が求めるものについてのノート
住むという動詞のいくつかの使い方
仕事机の上にあるいろいろな物についてのノート
見出された三つの部屋
本を整理する技術と方法についての覚え書き
斜めに見た十二章
策略の場
マレ=イザックの思い出
初心者用料理カード八十一枚
読むこと―社会‐心理的素描〔ほか〕

著者等紹介

ペレック,ジョルジュ[ペレック,ジョルジュ][Perec,Georges]
1936年生まれのフランスの作家。パリ大学、チュニス大学の文学部で学んだ後、国立学術研究センターに勤務。1965年、ヌーヴォー・ロマンの手法を駆使して消費社会の空しさを暴き出した処女作『物の時代』でルノドー賞を受賞。以後、大胆な実験作を次々と発表して注目を集め、1978年には大作『人生使用法』にメディシス賞が与えられたが、1982年、46歳の若さで病没

阪上脩[サカガミオサム]
1934年生。京都大学大学院仏文科修士課程修了。法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。