叢書・ウニベルシタス<br> プルーストとシーニュ

個数:

叢書・ウニベルシタス
プルーストとシーニュ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月05日 01時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 262p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011276
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C1398

出版社内容情報

正体不明の蜘蛛のような小説家の言葉が、一つの哲学的身体に巨大な巣をはりめぐらせ、波動を伝えて刺激し、実験的読解をうながした。シーニュ、文学機械、横断性、アンチロゴス、狂気の現前と機能……。哲学の思考に背反する思考のイメージを打ち立てるプルーストとともにドゥルーズが哲学の伝統に抗して哲学する。増補改訂後の決定版を新訳。

内容説明

『失われた時を求めて』は、哲学と競合する真実の探求の書である。正体不明の蜘蛛のような小説家の言葉が、一つの哲学的身体に巨大な巣をはりめぐらせ、波動を伝えて刺激し、実験的読解をうながした。シーニュ、文学機械、横断性、アンチロゴス、狂気の現前と機能…。哲学の思考に背反する思考のイメージを打ち立てるプルーストとともにドゥルーズが哲学の伝統に抗して哲学する。増補改訂後の決定版新訳。

目次

第1部 もろもろのシーニュ(シーニュのタイプ;シーニュと真実;学習;芸術のシーニュと“本質”;記憶の第二の役割;系列と集団;シーニュの体系における多元主義;思考のイメージ)
第2部 文学機械(アンチロゴス;箱と器;“探求”の水準;三つの機械;スタイル;狂気の現前と機能、蜘蛛)

著者等紹介

ドゥルーズ,ジル[ドゥルーズ,ジル] [Deleuze,Gilles]
1925年生まれ。哲学者。1995年死去

宇野邦一[ウノクニイチ]
1948年生まれ。立教大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みあ

102
このシーニュは記号というよりむしろ「暗号」に近い。『失われた時を…』を読んで驚くのは、多彩な植物に関する描写に比べて動物の描写のあまりの少なさである。ドゥルーズはここにアンチロゴスを見出だす。ロゴスの本質は動物的男性的でありプルーストは意図的にその否定的世界を現出したのである。プルーストが数々のシーニュを通して伝えたかったことは、無意識的記憶の本質=内在化された差異である。恋愛も社交界(芸術以外は)も全ては消え去るものであり、だからこそシーニュたり得る。私達はシーニュを通して自己の生の本質を抉るのである。2021/02/03

naka2020

1
めちゃおもろくて、ドゥルーズの著作の中では最速で読み終わった。まだ消化し切れていない部分もあるが。確かに友情や学問というのは合理的であらかじめある真実を追い求める。対して芸術と愛は、愚かで凡庸なのだが、ある種のーどんな種のかを言うのはむずかしい、ということに特徴があるー出会い、困惑、暴力なのかもしれない。シーニュにさらされること。流されること。tumbleweeding!『失われた時を求めて』とこれは、今後の友人関係、社交関係、そして恋愛関係にpracticalな道具となる。2021/10/14

0
ドゥルーズ初期の大名作

はじめ

0
学習とはその目的と原理の両方を通じて記憶を超えてゆくのである。『失われた時』は未来に向けられるのであって、過去に向けられるのではない。 62021/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17060878

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。