叢書・ウニベルシタス<br> 生の肯定―ニーチェによるニヒリズムの克服

個数:

叢書・ウニベルシタス
生の肯定―ニーチェによるニヒリズムの克服

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 558p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011108
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C1310

出版社内容情報

ニーチェにおいてニヒリズムとは何か。それはペシミズムとどう異なるのか。断章的なテクストに現れた主題群──近代世界の方向喪失、すべての価値の転換、力への意志、絶望の克服、永遠回帰、そしてディオニュソス的な知恵といった、容易に把握しがたいニーチェ独自の思考の道筋を、錯綜する解釈の歴史から取り出して内在的かつ体系的に記述する試み。近年出色の研究書、日本語版序文付。

内容説明

ニーチェにおいてニヒリズムとは何か。それはペシミズムとどう異なるのか。断章的なテクストに現れた主題群―近代世界の方向喪失、すべての価値の転換、力への意志、絶望の克服、永遠回帰、そしてディオニュソス的な知恵といった、容易に把握しがたいニーチェ独自の思考の道筋を、錯綜する解釈の歴史から取り出して内在的かつ体系的に記述する試み。近年出色の研究書、日本語版序文付。

目次

序論
第1章 ニヒリズム
第2章 方向喪失の克服
第3章 力への意志
第4章 絶望の克服
第5章 永遠回帰
第6章 ディオニュソス的知恵

著者等紹介

レジンスター,バーナード[レジンスター,バーナード] [Reginster,Bernard]
ブラウン大学哲学科教授。ベルギー、ドイツの大学で哲学と心理学を学んだ後、1992年にペンシルベニア大学で博士号を取得(テーマは「ニーチェ哲学における心理学的形而上学批判の本性と必然性」)。専門はニーチェ哲学を中心とした19世紀ドイツ哲学および倫理学。各種学会誌への掲載論文、およびニーチェ、ショーペンハウアー、19世紀ドイツ哲学に関するアンソロジーへの寄稿は多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

buuupuuu

8
遺稿を積極的に用いて、明快かつ体系的なストーリーを構築している。ニーチェは「苦悩」の価値を転換させたという。旧来の道徳では、幸福とは苦悩の欠如した状態のことである。ところがニーチェにとって幸福は、抵抗が克服されるという感情のことなのだという。苦悩は抵抗の克服に必然的に伴うものであり、それゆえ幸福の本質的な構成要素であって、望ましいものなのである。その他、ペシミズムとニヒリズムの違い、ニーチェのメタ倫理学、ショーペンハウアーとの関係、力への意志の心理学、永遠回帰の解釈などについて分かりやすい説明がなされる。2022/01/05

クラウド

0
研究書として丁寧かつ詳説で、ニーチェへの造詣が研究者ほど深くなくとも読みやすく理解しやすい。 ニーチェの思想に対して論じられてきた様々な立場から述べられ、「生の肯定」を軸としながら彼の抱くものへの接近ができる。 訳者解説も勿論必読である、本文に対する批評的な役割も担っており、さらなる展望がひらけるものとなっている。2023/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15237556
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。