叢書・ウニベルシタス<br> フューチャビリティー―不能の時代と可能性の地平

個数:

叢書・ウニベルシタス
フューチャビリティー―不能の時代と可能性の地平

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月24日 02時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 333p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588011016
  • NDC分類 309.023
  • Cコード C1310

出版社内容情報

民主主義の夢が潰えたインポテンツ(不能)の時代をわれわれは生き抜くことができるのか。自動化された記号資本主義に抗するためにわれわれに何ができるのか。われわれに自由を与える潜在力と、われわれを秩序へと従属させる顕在力=権力とのせめぎあいのなかで、われわれは未来の可能性を主体的に選択し、自ら変化することができるのか。絶望の世界を反転させるアクティビスト“ビフォ”による哲学的提言。

内容説明

民主主義の夢が潰えた不能の時代にわれわれは何をすべきか。自動化された記号資本主義に抗うためにわれわれは何をすべきか。絶望の世界を反転させるアクティビスト“ビフォ”による哲学的提言。

目次

序論
第1部 潜在力(不能の時代;ヒューマニズム、女性蔑視、後期近代思想;欲望のダークサイド)
第2部 顕在力(オートメーションとテロル;死の資本主義;貨幣コードとオートメーション)
第3部 可能性(難問;迷信;もつれを解きほぐす;一般知性の簡略な歴史;一般知性のダイナミズム;発明)
結語 想像もつかないこと

著者等紹介

ベラルディ(ビフォ),フランコ[ベラルディビフォ,フランコ] [Berardi,Franco “Bifo”]
1949年、イタリア生まれ。思想家、メディア・アクティビスト。ボローニャ大学で哲学を学び、雑誌『ア/トラヴェルソ』を創刊、自由ラジオ『ラディオ・アリチェ』を開局するなど、ネグリらとともにイタリア・アウトノミア運動を先導する。1977年、政治的弾圧によりフランスへ逃れガタリらと交流し、のち渡米。インターネットをはじめとする新たなメディアを用いたネットワークの構築にとりくみ、活動の領域を広げた

杉村昌昭[スギムラマサアキ]
1945年生まれ。龍谷大学名誉教授。フランス文学・現代思想専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。