叢書・ウニベルシタス<br> 憲法パトリオティズム

個数:

叢書・ウニベルシタス
憲法パトリオティズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月05日 19時34分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010675
  • NDC分類 323.01
  • Cコード C1330

内容説明

憲法とともにある批判理論。市民の相互信頼と連帯意識が槽失する分断社会や、諸権利を「国益」と称する利益の下で侵害するようなナショナリズムに直面する状況においてでも、自由や平等など、憲法に含まれる普遍的原理に根ざした社会統合を構想する実践的な批判理論を提唱する。

目次

序論
第1章 憲法パトリオティズムの略歴(ドイツ人の罪の意識から生まれた憲法パトリオティズム―自由なコミュニケーションから共和主義的忠誠へ;ハーバーマスの憲法パトリオティズム―「合理的な集団のアイデンティティ」に向けて;源泉、補完物、そして連帯;「ドイツの」憲法パトリオティズムにまつわる結果と特色;教授たちの夢…?)
第2章 特質なきネーション?―憲法パトリオティズムの理論に向けて(憲法パトリオティズム理論の要点とは何か?―いくつかの社会学的疑問;愛着の対象―普遍的規範と憲法文化について;憲法パトリオティズムは我々のものなのか?―特殊性の要件;愛着とエージェンシー―すべてが両義的か?;憲法パトリオティズムの限界と、リベラル・ナショナリズムの比較について;もう二つの反論―憲法パトリオティズムは国家主義であるのか、そして市民宗教であるのか?;実践的な憲法パトリオティズム?)
第3章 ヨーロッパにおける憲法パトリオティズム?―記憶、闘争性、道徳について(教育としての立憲主義と万能薬としての立憲主義?;ヨーロッパの記憶をめぐる神秘和音?;闘争性―「非ヨーロッパ的活動」?;EUの憲法道徳―穏当な提案)

著者等紹介

ミュラー,ヤン=ヴェルナー[ミュラー,ヤンヴェルナー] [M¨uller,Jan‐Werner]
1970年ドイツ生まれ。ベルリン自由大学、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジ、プリンストン大学などで学び、オックスフォード大学で博士号を取得。2005年よりプリンストン大学政治学部で教鞭をとり、現在、プリンストン大学政治学部教授

斎藤一久[サイトウカズヒサ]
1972年生まれ。東京学芸大学教育学部准教授。憲法学

田畑真一[タバタシンイチ]
1982年生まれ。早稲田大学政治経済学術院助教。政治理論、政治思想

小池洋平[コイケヨウヘイ]
1984年生まれ。早稲田大学社会科学総合学術院助手。憲法学、比較憲法論

安原陽平[ヤスハラヨウヘイ]
1979年生まれ。沖縄国際大学総合文化学部人間福祉学科講師。専門は、憲法学、教育法学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件