叢書・ウニベルシタス<br> 自然美学

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
自然美学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月21日 02時44分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 435,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588010026
  • NDC分類 701.6
  • Cコード C1310

内容説明

なぜ、われわれは自然に対して好感を抱くのか。自然に配慮することが人間社会の保護に行き着くのはなぜか。なぜ、自然美は人間的実存がその生をうまく成就できるような範例的な場所であるのか。自然を美的に知覚する可能性を体系的・規範的に記述して、美学と倫理の根源に新たな展望を切り開く。

目次

緒論 自然に対する人間の関係
第1章 観照の空間としての自然
第2章 照応する場所としての自然
第3章 想像の舞台としての自然
第4章 自然知覚の時間
第5章 芸術の偉大さ
第6章 自然美の道徳
結論 自然考察の限界

著者等紹介

ゼール,マルティン[ゼール,マルティン] [Seel,Martin]
1954年生まれ。ドイツ文学・哲学・歴史学をマールブルク大学とコンスタンツ大学で学び、哲学博士号を取得。1990年にはコンスタンツ大学にて教授資格を得た。1992年から1995年までハンブルク大学教授、1995年から2004年までギーセン大学教授を務め、2004年にフランクフルト大学理論哲学講座正教授に就任し、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。