叢書・ウニベルシタス<br> 社会構造とゼマンティク〈1〉

個数:

叢書・ウニベルシタス
社会構造とゼマンティク〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月24日 17時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 419,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009617
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3336

内容説明

歴史を素材にしたルーマンの知識社会学再考。

目次

第1章 社会構造とゼマンティクの伝統
第2章 上流諸階層における相互行為―十七世紀と十八世紀におけるそのゼマンティクの転換について
第3章 初期近代の人間学―社会の進化問題の理論技術上の解決
第4章 複雑性の時間化―近代の時間概念のゼマンティクについて
第5章 自己言及と二項図式化

著者等紹介

ルーマン,ニクラス[ルーマン,ニクラス][Luhmann,Niklas]
1927年ドイツのリューネブルクに生まれる。1968‐1993年ビーレフェルト大学社会学部教授。70年代初頭にはハーバーマスとの論争により名を高め、80年代以降「オートポイエーシス」概念を軸とし、ドイツ・ロマン派の知的遺産やポスト構造主義なども視野に収めつつ新たな社会システム理論の構築を試みる。90年前後よりこの理論を用いて現代社会を形成する諸機能システムの分析を試み、その対象は経済、法、政治、宗教、科学、芸術、教育、社会運動、家族などにまで及んだ

徳安彰[トクヤスアキラ]
1956年佐賀県に生まれる。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。法政大学社会学部教授。社会システム論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たばかる

13
本書におけるルーマンの社会変動をまとめた論文“https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsr1950/49/4/49_4_620/_pdf” 機能分化、ゼマンティクの変化、複合性の増大がキーターム。社会構造の変化が何らかの形で起こったとき、以前まで通じていた「意味」では把握できず、複合性が増大する。だからより複合性を縮減するような「意味」が例えば過去の知識集合体から選択されるなどして、整備される。最初の構造変化を第一次変化、次を第二次変化という。2022/10/28

抹茶ケーキ

0
近代以降社会は機能分化(=複雑化)している。そのような複雑性に対応するためには何らかの形でその複雑性を縮減しなくてはならない。そのような方策の一つがゼマンティクの変容である。そのような意味でゼマンティクは、社会構造と連関している。大筋はこんな感じだと思うけど、細部がほとんどわからなかった。2016/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4055777
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。