叢書・ウニベルシタス<br> 象徴形式の形而上学―エルンスト・カッシーラー遺稿集〈第1巻〉

個数:

叢書・ウニベルシタス
象徴形式の形而上学―エルンスト・カッシーラー遺稿集〈第1巻〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 462,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009419
  • NDC分類 134.8
  • Cコード C3310

内容説明

主著『象徴形式の哲学』(『シンボル形式の哲学』=岩波文庫)第三巻の書かれなかった「“批判的”な最終章」と第四巻の内容を指し示す草稿群を収録。狭義の哲学のみならず、倫理学、美学、宗教・文化哲学、科学論、精神史、技術論などに多くの示唆をあたえる遺稿集。

目次

象徴形式の形而上学(「精神」と「生」;哲学的人間学の根本問題としての象徴の問題)
基礎現象について(第1章の構想―問題設定;基礎現象について)
象徴形式第4巻(序論;「精神」と「生」;最終‐章)
付録(象徴概念―象徴的なものの形而上学)

著者等紹介

カッシーラー,エルンスト[カッシーラー,エルンスト][Cassirer,Ernst]
ドイツの哲学者。1874年に生まれる。ベルリン大学で文学と哲学を学ぶ。マールブルク大学でコーヘンやパウル・ナトルプに学び、新カント派のマールブルク学派の中心的存在のひとりとなる。ベルリン大学の私講師(Privatdozent)を経て、1919年に新設されたハンブルク大学の教授を亡命する1933年まで勤めた。この間、主著『象徴形式の哲学』(1923‐1929年)によって、言語、神話、科科など人間の精神的活動を包括する独自の文化哲学の体系を打ち立てた

笠原賢介[カサハラケンスケ]
東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了(倫理学専攻、比較文学・比較文化専攻)。現在、法政大学文学部哲学科教授

森淑仁[モリヨシヒト]
早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学(ドイツ文学専攻)。現在、東北大学名誉教授、日本ゲーテ協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

5
全20巻の遺稿集第1巻にあたる本書は『シンボル形式の哲学』第3巻「認識の現象学」の最終章に予定されたベルクソン、ハイデガーら現代哲学批判を中心に収める。本書では、ハイデガー以後の哲学にカント的理性主義と批判されながら、カントの感性:受容性/悟性:能動性なるフレームに対し、受容性の中に既に能動性が潜むとして認識概念を刷新する一方、この刷新で20世紀物理学から関数概念を抽出しながら、現実を一つのものに留めるカントの世界設定を踏襲する著者が見える。関数概念自体は多世界間の関係に拡張する可能性を持つように思える。2019/05/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1427870

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。