叢書・ウニベルシタス<br> アウシュヴィッツ以後の神

個数:

叢書・ウニベルシタス
アウシュヴィッツ以後の神

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 13時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588009242
  • NDC分類 199
  • Cコード C1310

内容説明

絶滅収容所という絶対悪が現実に生起した世界にあって、「神」とは何を意味するのか。20世紀西欧思想の核をなすユダヤ的問題のアポリアを生き抜いた哲学者が、歴史の暴力の神学的意味を問い、破局の後にもなお生き延びる「神」の概念、および人間的倫理のかたちを探った論考三篇を収録。訳者による詳細な註・解題、著者小伝も付した決定版邦訳。

目次

第1章 アウシュヴィッツ以後の神概念―ユダヤの声
第2章 過去と真理―いわゆる神の証明にたいする遅ればせの補遺
第3章 物質、精神、創造―宇宙論的所見と宇宙生成論的推測

著者等紹介

ヨーナス,ハンス[ヨーナス,ハンス][Jonas,Hans]
1903年にドイツのメンヒェングラートバハの裕福なユダヤ人家庭に生まれる。学生時代にシオニズム運動に参加。ハイデガー、ブルトマンのもとでグノーシス思想研究によって学位取得。ナチスの政権掌握の年、ドイツを出国。イギリスをへてパレスチナに移住。第二次世界大戦が勃発するとイギリス軍に志願し、ユダヤ旅団に属して戦う。戦後はパレスチナ戦争に従軍後、イスラエルを出て、カナダ、さらにアメリカ合衆国に渡り、ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチ校教授を務めた

品川哲彦[シナガワテツヒコ]
1957年生。哲学・倫理学専攻。京都大学大学院博士後期課程修了。京都大学博士(文学)。現在、関西大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。