叢書・ウニベルシタス<br> スペイン紀行

個数:

叢書・ウニベルシタス
スペイン紀行

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 14時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 453p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588008856
  • NDC分類 955
  • Cコード C1326

内容説明

ロマン主義的“スペイン神話”に導かれて旅した青年ゴーチエが見たものは…。1840年、5か月にわたって旅したスペインの生活や風俗・習慣、建築や絵画・彫刻、芝居や女性の服装、さらには動物や昆虫の生態までを軽やかでユーモラスな文体で綴った紀行文学の古典。訳者による解説「夢の旅」を付す。

目次

パリからボルドーへ
バイヨンヌ
人身密輸入
従者と猟銃を持つ男たち
イルン、小さな乞食たち
アスティガルラガ
ベルガラ
ビトリア、民族舞踊とフランス人の怪力男
パンコルボ渡航
驢馬とグレーハウンド犬〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sekitak

1
1840年にスペインを旅したフランス人の旅行記。ルートはフランス経由でイルンからスペインにはいり、マドリッド、マラガ、を回ってバルセロナから船でフランスに戻るというもの。スペイン旅行後に読み終えたが、写真のない時代の旅行記はいろいろと想像をかき立てられるものが多く楽しい。また、実際に目にしていると絵が浮かぶ場面も多く、翻訳自体もいいと思う。スペインに行ってまた行きたいと思うような人にはおすすめ。2012/11/04

ゆり

1
やはりゴーチエの風景描写はたまらない。この本に限らず、本を閉じ伏せていた目を上げると、其処に今まで耽っていたその幻想がそのまま立ち現れるかのような、綿密で印象深い描き方をする。うまい…と思わず呻ってしまう。ゴーチエの、その目に映る鮮やかな世界を余すことなく味わうことの出来る一冊だと思うので、ゴーチエの風景描写が好きな人はぜひ。田辺さんの訳を好んで読む私には、前半の訳を残念と思わざるを得なかったが、後半になるにつれて筆が追いついてくるのが見て取れるので、それを楽しむのも一つかもしれない。2012/05/31

コマイヌ

0
期待通り頭すっからかんで読めるオリエンタリスムたっぷりの本だったけど間違ってそうだから19cフランスの知識としてそのまま受け取って調べなくていいとは予想以上だった。2015/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/189665

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。