叢書・ウニベルシタス<br> フィレンツェのサッカー―カルチョの図像学

個数:

叢書・ウニベルシタス
フィレンツェのサッカー―カルチョの図像学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月20日 02時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 159,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007873
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C1322

内容説明

権力が群集を必要とする経緯を通して描く、もうひとつのサッカー誕生史。図像学の方法による謝肉祭論・宮廷文化論・暴力論。

目次

1 カルチョ・フィオレンティーノ(ジャック・カロの『鼓手』;ボールとなった首 ほか)
2 町内祭りから国家カルチョへ(共和国カルチョ;メディチ家のカルチョ ほか)
3 宮廷の修養(貴族の鍛錬;心身の鍛練 ほか)
4 秩序と不穏(内部と外部の「支配」;緊張と弛緩 ほか)

著者等紹介

ブレーデカンプ,ホルスト[ブレーデカンプ,ホルスト][Bredekamp,Horst]
1947年に生まれる。1982年、ハンブルク市主催のアビ・ヴァールブルク賞を受賞。同年よりハンブルク大学教授、1991年にはプリンストン大学の客員研究員を務めた。1993年以降ベルリン・フンボルト大学教授(芸術史)

原研二[ハラケンジ]
1949年、宮崎県に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科修士課程(独文学専攻)修了。名古屋大学講師を経て、現在、東京都立大学人文学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

J.カロの銅板画を図像学的に読み解きつつ,サッカーの誕生を権力が群集を必要とする経緯としてとらえる。ルネサンス期の謝肉祭論.宮廷文化論.暴力論でもある。