叢書・ウニベルシタス<br> ネオ唯物論

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
ネオ唯物論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 11時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 393p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007088
  • NDC分類 116.4
  • Cコード C1310

内容説明

哲学・芸術・教育における脱物質化の傾向に抗して、唯物論を正当に評価し直す。ヴァザルリ、デュビュッフェ、ヴィアラの絵画を論じ、さらには繊維産業や鉄を主題とする文化論・科学技術論におよぶ。

目次

第1章 認識論と教育学における傾向(拒絶;二元論 ほか)
第2章 新造形芸術家たちによる報復(造形性;モンタージュ ほか)
第3章 先駆者としての繊維産業(糸の特権;自然物から合成物へ ほか)
第4章 物質と現代テクノロジー(物体と混合物;複数の要素 ほか)
結論(過小評価;外在性 ほか)

著者等紹介

ダゴニェ,フランソワ[ダゴニェ,フランソワ][Dagognet,Francois]
1924年フランスのオート・マルヌ県に生まれる。1959年哲学のアグレガシオンを、その後文学・医学博士号を取得。リヨン第三大学教授を経て、1986年秋からパリ第一大学の科学技術史研究所教授。バシュラール、カンギレムの系列を引く現代フランス認識論の代表的なひとり

大小田重夫[オオコダシゲオ]
1965年生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。フランス現代哲学専攻。現在、札幌医科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

☆☆☆☆☆☆☆

1
精神と物質を分離し、後者を従属的にとらえる西洋哲学へのアンチテーゼ。マテリアリティと化学の哲学。しかし、何を隠そう私は化学が大の苦手なのである。著者の主張には全面的に同意できる(はず)なので、もう少し勉強してから読み直したいですね。2015/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1414797

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。