叢書・ウニベルシタス
報酬主義をこえて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 430,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588007040
  • NDC分類 141.72
  • Cコード C1336

内容説明

職場や学校、家庭にはびこる通俗行動主義の「常識」を覆し「人間」を育てる道を探るアルフィ・コーンの新著。経営者・管理者、先生方、そして父親・母親であるあなたのために。

目次

第1部 報酬反対論(スキナー箱に入れられて―行動主義の遺産;報酬を与えるのは正しいか;報酬は効果があるか;ニンジンの問題点―報酬が効果的でない四つの理由;興味を損なう―報酬が効果的でない第五の理由;賞賛の問題点)
第2部 報酬の現実(業績給―行動主義は職場でなぜ効果がないか;学習へのエサ―行動主義は学校でなぜ効果がないか;アメで釣って行儀よく―行動主義はなぜよい人間を作れないか)
第3部 報酬を超えて(うれしいな、月曜日だ―職場における動機づけのもと;勉強に熱中させる―学校におけるやる気のもと;アメをもらわなくても、よい子に)

著者等紹介

コーン,アルフィ[Kohn,Alfie]
ブラウン大学、シカゴ大学でトレーニングをうけ、現在は『ザ・アトランティック』、『ザ・ネーション』、『サイコロジー・トゥディ』、『ニューヨーク・タイムズ』などの新聞や雑誌に寄稿し、教育のみならず人間行動の全体をカバーする社会理論について論じる評論家として活躍している。タフト大学やフィリップス・アカデミーの客員講師も勤めた。1987年には、最初の著書『競争社会をこえて―ノー・コンテストの社会』(邦訳・法政大学出版局刊)により、アメリカ心理学会賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

職場や学校・家庭において,報酬による動機づけはいかに不毛であるか,どのような問題が発生するかを具体例にもとづいて明らかにし、内発的動機づけの重要性を説く。