叢書・ウニベルシタス<br> イタリア史―1700‐1860

個数:

叢書・ウニベルシタス
イタリア史―1700‐1860

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 928,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588006999
  • NDC分類 237.05
  • Cコード C1322

内容説明

イタリアの統一、近代国家への歩みは、複雑かつ力動的である。リソルジメントまでの曲折と試行を、ヨーロッパ史のパースペクティブ、そしてマッツィーニやガリバルディらの思想・行動から無名の農民の声までを発掘する精細な文化・社会史的手法を駆使して、明快に描く。国際的に定評あるイタリア近代史待望の完訳。

目次

第1部 イタリアの再浮上―一七〇〇‐六〇年
第2部 改革と権力/啓蒙主義と専制―一七六〇‐九〇年
第3部 革命家と穏和派―一七八九‐一八一四年
第4部 独立を求めて―一八一五‐四七年
第5部 独立の代償―一八四八‐六一年

著者等紹介

ウルフ,スチュアート・ジョーゼフ[Woolf,Stuart J.]
1936年ロンドンに生まれる。1975年以来エセックス大学教授としてヨーロッパ近現代史の研究・教育に携わるかたわら、フィレンツェのヨーロッパ大学付属研究所をはじめ、フランス、スペイン、オーストラリア、アメリカ合衆国でも精力的な活動を展開する。とくに政治・経済・社会史に関する多彩な研究を発表。本書のほかに、『ナポレオンによるヨーロッパ統合』(1990)、『ヨーロッパのナショナリズム―1815年から現在まで』(1996)などの著作がある

鈴木邦夫[スズキクニオ]
1956年生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科(西洋史専攻)修士課程、早稲田大学大学院文学研究科(西洋史専攻)博士課程を経て、現在、東京電機大学助教授。著書に『歴史学―国際化とその相互理解のために』(東京電機大学出版局、1997)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

18世紀初頭からリソルジメントまでの曲折と試行を,マッツィーニやガリバルディらの思想・行動から無名の農民の声までを発掘する精細な手法で,明快に描く。