叢書・ウニベルシタス<br> 史的唯物論の再構成

個数:
  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
史的唯物論の再構成

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月21日 02時16分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 426,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588006784
  • NDC分類 309.301
  • Cコード C1310

内容説明

現代の危機と討議的意思形成の論理。労働と相互行為の両概念を踏まえた視点から、マルクス主義の理論的萌芽とポテンシャルを組み立て直す試み。パーソンズ、ルーマンを批判・検討し、史的唯物論の進化論的・システム論的転回を果たした本書は、「コミュニケーション的行為の理論」形成期の思想的営為を示す。

目次

1 哲学的展望(序論―史的唯物論と規範構造の発展;マルクス主義における哲学の役割)
2 自己同一性(道徳の発達と自我同一性;複合的な社会は理性的自己同一性を形成しうるか)
3 進化(社会学における諸理論の比較のために―進化論の例に即して;史的唯物論の再構成に向けて;歴史と進化;近代法の進化的位置価についての考察―研究所内ゼミナールによせて)
4 正統化(近代国家における正統化の諸問題;今日における危機とは何であるか―晩期資本主義における正統化の諸問題;正統化概念のためのキーワード―一つの返答;実践的討議に対する二つの補註―パウル・ロレンツェンの六十歳の誕生日に)

出版社内容情報

同一性・進化・正統化をテーマに,労働と相互行為の両概念を踏まえつつ,パーソンズ,ルーマンを批判・検討し,史的唯物論の進化論的・システム論的転回を果たす。