叢書・ウニベルシタス<br> グーテンベルク銀河系の終焉―新しいコミュニケーションのすがた

個数:

叢書・ウニベルシタス
グーテンベルク銀河系の終焉―新しいコミュニケーションのすがた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月19日 11時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 259,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588006579
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C1336

出版社内容情報

近代を導いてきたメディア=書物=グーテンベルク銀河系の世界に代って進展する,コンピュータや電子メディアの情報伝達社会における新たなメディア論を提示する。

内容説明

本書の考察は現在を代表する最も進んだコミュニケーション理論、ルーマンの理論に多面的に接近を図り、またライプニッツの単子論からアドルノの美の理論に至る概念の流れを辿りながら論点の前史を輪郭づける。そのうえで様々な理論を束ねる新たなコミュニケーション理論の根本概念を提案してみる。そこではハーバーマスの理論と対決することになるだろう。

目次

第1章 概論
第2章 脱魔術化
第3章 インターフェース
第4章 メディア美学
第5章 知のデザイン

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちゅん

7
幅広い前提知識(哲学、メディア論等)を必要とする本であるので内容の理解はできませんでした。訳者あとがきから本書を理解できるためのヒントを書き記します。本書はハーバーマスのコミュニケーション論に反駁する内容がメインです。ただし、ハーバーマスのドグマはドイツで圧倒的に支持されており、ボルツ曰くハーバーマスに逆らうことはアウトサイダー扱いをされるとのことです。本書のベースはルーマンの社会学、システム理論です。これが難解で訳者も訳者泣かせと言わせるほど。(続きはコメントに書きます…)2018/01/28

Kan T.

0
https://www.h-up.com/books/isbn978-4-588-00657-9.html 2020/09/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/146729

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。