叢書・ウニベルシタス<br> 狂気の社会史―狂人たちの物語

個数:

叢書・ウニベルシタス
狂気の社会史―狂人たちの物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 16時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 390,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784588004087
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C1320

出版社内容情報

狂人たちは,社会および収容施設,精神病理学によってどう扱われてきたか。歴史家の視点から狂人たちの自伝を読み解き,時代の反映としての狂気の構図を描き出す。

内容説明

欧米の歴史のなかで、狂人たちは、社会によって・収容施設によって・精神病学によってどう扱われ(虐待され)てきたか。歴史家の視点から狂人(と呼ばれた人)たちの自伝・著作に記された言葉と思想、意識と感情を探索し、時代の反映としての狂気の構図を描き出す。

目次

狂気と精神病学―その対話の歴史
狂気と権力
狂気と天才
宗教と狂気
狂気と女
フールからアウトサイダーへ
ダニエル・シュレーバー 狂気とセックスと家族
ジョン・パーシヴァル 狂気の監禁
アメリカン・ドリーム
セラピーの神

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

トリタニ

0
過去に狂人と呼ばれてきた者たちの自伝を基にして、著者なりの解釈が展開されている。狂人の言葉にもそれなりの筋道があり、同時代の人々の思想や価値観が反映されている。かつては一般社会の中での生活を許されていた狂人であったが、近世の合理的社会の形成期に至って次第に邪魔者と見なされ精神病院に隔離されるようになった。精神病学が成立し医者による研究が始まったのはその随分後のことである。精神病院とは、一体誰のために創られた施設なのだろうか。

HALCA

0
中世から20世紀にかけて狂人(とされてきた人)たちと社会や精神医学との物語 固い文章ながらとても楽しく読める2018/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/367861
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。