叢書・ウニベルシタス<br> 参加と距離化―知識社会学論考

  • ポイントキャンペーン

叢書・ウニベルシタス
参加と距離化―知識社会学論考

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588003547
  • NDC分類 361
  • Cコード C1332

内容説明

人間社会の相互依存関係を独自の〈図柄理論〉によって捉える立場を発展させ、文明化(知識の社会的発展)の過程を人間の自然や社会への〈参加〉と〈距離化〉の度合の視点から考察し、二元論的法則理論から多元的過程理論への転換を捉す。エリアス社会理論の精髄。

目次

第1部 参加と距離化―1977‐78年の追加
第2部 大渦の中の漁師
第3部 大進化について―二つの断片

出版社内容情報

文明化の過程を人間と社会の「参加と距離化」の視点から捉えなおして独自の〈図柄社会学〉を構築し,二元論的法則理論から多元的過程理論への転換の道程を示す。