叢書・ウニベルシタス<br> ポール・ニザン

個数:

叢書・ウニベルシタス
ポール・ニザン

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 349p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784588002502
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C1398

内容説明

『アデン・アラビア』から『陰謀』にいたるテキスト群が形成する、文学的・哲学的そして政治的な星座を隈なく探索し、彼にとって「書くこと」が果たした意味と機能、アンガージュマン(社会参加)の意図と認識を明らかにしつつ、30年代のヨーロッパを神話的に生きた怒れる作家ニザン像を鮮明に描き出す。

目次

1 芸術のための芸術の凋落
『アデン・アラビア』(1932)
『番犬』
『アントワーヌ・ブロワイエ』(1933)
「或る町の紹介」(1934)
『トロイの木馬』(1935)
「シンドボード・トシキストン」(1935)
『古代の唯物論者たち』(1936)
「テセウス物語」、「アカルナイの市民たち」、その他(1935‐1938)
『陰謀』(1938)
政治参加の時代
怒れる作家ポール・ニザン(1960‐1968)

出版社内容情報

テキスト群を隈なく探索し、〈書くこと〉が果たした意味と機能,社会参加の意図と認識を明らかにしつつ30年代ヨーロッパを神話的に生きた〈怒れる作家〉像を描く。