「生きもの摩訶ふしぎ図鑑」シリーズ<br> 極限生物摩訶ふしぎ図鑑

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

「生きもの摩訶ふしぎ図鑑」シリーズ
極限生物摩訶ふしぎ図鑑

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月06日 07時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 127p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784586313020
  • NDC分類 K460
  • Cコード C0045

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ジュースの素

8
児童書にしておくには勿体ない。素晴らしい内容だ。動植物が地球上の過酷な環境でどのようにして身を護って子孫を育むのかを丁寧に解説する。そこまでするならもっと雨の降る場所に来たら?と言いたくなる。(笑)  カバの足跡に溜まる雨水にさえ魚が泳ぐ不思議は以前からナゾだった。こういう事なのか。凄いなぁ・・・。2018/07/06

150betty

0
(☆3)人間にかぎらず、極限に生きてると生き物も変なことになるんだなというのは感じる。酸素が水中に豊富にあるから肺が無くなったサンショウウオやら、他の生き物が活動しない砂漠の一番暑い時間帯に活動するアリやら。自分が知らない話は調べようがないので、珍しい生態の知らない話がひとつでもあると個人的には収穫になります。ただちょっと値段は高いかな・・・。2014/08/23

ウンティ@十五夜の読書会

0
この手の本結構好き2012/11/05

とりぞう

0
びっくりするくらいつまらなかった。見開きで1つの生物という制約もあって、書かれている内容が全くものたりない。「摩訶ふしぎ」さがほとんどうまく書けていないように感じる。扱っている生物も、多少興味のある人なら知っているものばかり。挿入されている図版がすべてイラストだというのもちょっと不満。個人的に書籍の値段は気にしないけれど、この厚さ・サイズで1800円というのに不満を感じる人も多いと思う。2010/10/30

ようこ

0
砂漠や極寒の地でもいきていけるように進化した生き物たちの図鑑。トレハロースという物質も興味深い2009/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/257533

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。