徒然草への途―中世びとの心とことば

個数:
  • ポイントキャンペーン

徒然草への途―中世びとの心とことば

  • 荒木 浩【著】
  • 価格 ¥7,700(本体¥7,000)
  • 勉誠出版(2016/06発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 140pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 409,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784585291237
  • NDC分類 914.45
  • Cコード C3095

内容説明

中世びとの「心」をめぐる意識を和歌そして仏教の世界にたどり、『源氏物語』『枕草子』などの古典散文との照応から、“やまとことば”による表現史を描きだす。

目次

本書へのいざないと展望
心に思うままを書く草子―徒然草とは何か
心に思うまま書く草子―“やまとうた”から“やまとことば”の散文史へ
徒然草の「心」
徒然草と仮名法語
ツクモガミの心とコトバ
和歌を詠む「心」
和歌と阿字観―明恵の「安立」をめぐって
沙石集と“和歌陀羅尼”説―文字超越と禅宗の衝撃
仏法大明録と真心要決―沙石集と徒然草の禅的環境
『徒然草』というパースペクティブ

著者等紹介

荒木浩[アラキヒロシ]
1959年生まれ。京都大学文学部卒、同大学院博士後期課程中退。京都大学博士(文学)。大阪大学教授などを経て、国際日本文化研究センター教授・総合研究大学院大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。