評伝 小川国夫―生きられる“文士”

個数:

評伝 小川国夫―生きられる“文士”

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 401,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784585290407
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C1095

内容説明

私家版として刊行した作品集『アポロンの島』が島尾敏雄に賞揚され、作家として歩み始めた小川国夫。文体の理想を追求して『試みの岸』『或る聖書』を問い、『逸民』そして『悲しみの港』『ハシッシ・ギャング』に成熟を見せ、『弱い神』に到達する。自らの信じる言葉の力によって新たな芸術の創造を志した稀有の“文士”の生きる姿を、キリスト者としての思想も視野に、誕生から終焉まで余すところなく描く。

目次

“文士”の矜恃
出生・幼年期
青島尋常高等小学校
志太中学校
静岡高等学校
東京大学
フランス留学
私家版『アポロンの島』
『青銅時代』
文壇登場
『試みの岸』・『或る聖書』・『彼の故郷』
『小川国夫作品集』他
未刊の長篇小説
短篇小説の進境
川端康成文学賞「逸民」
『小川国夫全集』・伊藤整文学賞『悲しみの港』
読売文学賞『ハシッシ・ギャング』
『弱い神』連作・日本藝術院賞
日本芸術院会員・文士の死

著者等紹介

勝呂奏[スグロススム]
上智大学大学院文学研究科博士前期課程修了。桜美林大学リベラルアーツ学群准教授。専門は日本近現代文学。日本キリスト教文学会賞(2008年度)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件