仏教文明の転回と表現―文字・言語・造形と思想

個数:

仏教文明の転回と表現―文字・言語・造形と思想

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月21日 01時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 655p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784585210252
  • NDC分類 182.2
  • Cコード C3015

内容説明

前近代の日本、そしてアジアにもたらされた最大のグローバリゼーション―それを惹起したのは「仏教」であった。仏教という異文明との遭遇は、文字・言語、造形・技術、思想・宗教、世俗秩序等、あらゆる文明の展開と関わり、また、社会に共生と差異の可能性を胚胎させた。人類の歴史が経験してきた「仏教」という参照軸から、世界の形成と構築のメカニズムを考えるための百科全書的論集。

目次

第1部 文字・言語の翻訳と展開(パーリ仏典圏の形成―スリランカから東南アジアへ;漢語仏典と中央アジアの諸言語・文字―中世イラン語、特にソグド語仏典の場合 ほか)
第2部 文字・言語の書写と再生(正倉院文書と古写経―隅寺心経の基礎的観察;古代日本の仏教説話と内典・外典―『日本霊異記』を中心に ほか)
第3部 教理の解釈と転回(台密に見る密教の東漸―円仁撰『金剛頂経疏』の教学的特色を中心に;龍女の復権―五障・転女成仏説への批判としての『法華経』龍女譚の再検討 ほか)
第4部 仏教の造形化と浸透(敦煌壁画に見る八大菩薩像;弥勒仏像の諸相と「仏教」の流伝―四川地域の造像を例に ほか)
付録 天平改元以前の仏典・仏菩薩等一覧

著者紹介

新川登亀男[シンカワトキオ]
1947年生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専門は日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)