新鋭作家論叢書<br> 小川洋子―見えない世界を見つめて

個数:

新鋭作家論叢書
小川洋子―見えない世界を見つめて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年08月25日 06時36分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585055136
  • NDC分類 910.268

内容説明

読むこと=考えること=書くこと。現代文学の最前線にいる作家をはじめて本格的に論じ、読む楽しみを再発見する。次世代の作家論に先鞭をつけるはじめての評論。“物語の力”を信じつづける作家は閉塞した現代小説を乗り越えられるか―人気作家の作品世界をわかりやすく解明。

目次

第1章 モラトリアムと抽象的な空間―『揚羽蝶が壊れる時』『完璧な病室』
第2章 過食症と拒食症―『シュガータイム』『妊娠カレンダー』
第3章 “異界と記憶”の物語―『冷めない紅茶』『余白の愛』
第4章 もう一つのレールと記憶の消滅―『アンジェリーナ』『密やかな結晶』
第5章 性愛の世界と異能の人―『やさしい訴え』『凍りついた香り』
第6章 “善意と記憶”の物語―『沈黙博物館』『博士の愛した数式』
第7章 金光教の“取次ぎ”と作家の役割
第8章 “小さな物語”論
第9章 新たな展開の模索―『ミーナの行進』『猫を抱いて象と泳ぐ』

著者紹介

綾目広治[アヤメヒロハル]
1953年広島市生まれ。京都大学経済学部卒業。広島大学大学院文学研究科博士課程中退。現在、ノートルダム清心女子大学教授。「千年紀文学の会」会員。「試想」同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)