ネットワーク時代の図書館情報学<br> 情報行動―システム志向から利用者志向へ

個数:
  • ポイントキャンペーン

ネットワーク時代の図書館情報学
情報行動―システム志向から利用者志向へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784585054320
  • NDC分類 007.3
  • Cコード C1300

内容説明

人間はどのように情報を求め、選択し、利用しているのだろう?情報行動に関する理論や概念モデルを概観するとともに、利用者にとって使いやすく親切な情報サービスの普及にむけた具体的なとりくみも紹介する。

目次

第1章 情報行動の捉え方
第2章 情報検索行動と情報探索行動のモデル
第3章 情報行動の評価尺度
第4章 情報獲得行動の特性
第5章 情報探索を取り巻く概念
第6章 日常生活全般の情報行動
第7章 情報行動の負の側面
第8章 日常の情報行動を扱う理論的枠組み
第9章 情報行動の実践への適用
第10章 情報リテラシー教育への展開

著者等紹介

三輪眞木子[ミワマキコ]
放送大学ICT活用・遠隔教育センター教授。総合研究大学院大学教授。慶応義塾大学文学研究科博士課程単位取得満期退学、シラキュース大学大学院情報学専攻博士課程修了(Ph.D.取得)。メディア教育開発センター教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiroe

0
情報の取得よりも、情報の絞り込みに支援が必要という意見は、実感としてあるなと思う。あと3日で書かなくてはならないレポートに対して、「本の参考文献から芋づる式に」なんていうのは、支援になってないというのは確かにその通り。普段図書館に「住んでる」我々は感覚的に選択している部分はあると思うけれども、その"感覚"をシステムに組み入れるにはどうしたらいいのか、考える必要があるかも。2014/06/25

izw

0
『ネットワーク時代の図書館情報学』シリーズは思わず手に取る本が多い。その中でも、情報検索、探索を超える情報行動全般に関するサーベイとして手元に置いておきたい一冊。2012/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4721965

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。