両面の鬼神―飛騨の宿儺伝承の謎

個数:

両面の鬼神―飛騨の宿儺伝承の謎

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585054146
  • NDC分類 388.153

内容説明

飛騨の両面宿儺と紀伊の両面埴輪がきりひらく東アジア史への新視点。史料そしてミステリー。和歌山市の前方後円墳から「顔が二つある人物埴輪」が出土した。一方、岐阜県高山市の善久寺には異形の仏像「両面宿儺菩薩像」がまつられている。穏和な顔の背面に怒りの形相をあわせもつ、このふたつの造形は無関係ではない。

目次

プロローグ 謎の埴輪
第1章 宿儺の伝承
第2章 蚩尤と宿儺
第3章 古代の飛騨と鉄のにおい
第4章 ワニ氏と紀氏と両面埴輪
第5章 宿儺伝承の変容と飛騨と紀伊
第6章 両面の神とミロクの聖山

著者紹介

尾関章[オゼキアキラ]
1946年、岐阜県に生まれる。立命館大学文学部史学科日本史専攻卒。岐阜県立高校の社会科教諭、岐阜県博物館学芸部勤務などを経て関市立関商工高等学校を定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)