古代史から解く伴大納言絵巻の謎

個数:

古代史から解く伴大納言絵巻の謎

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585054061
  • NDC分類 721.2
  • Cコード C0021

出版社内容情報

古代政界の我執を如実に顕す応天門の変。真犯人は誰なのか。今日に至っても解明されなかった謎を、鮮やかに解き明かす画期的論考。

内容説明

共鳴しあう三つの時代の考究から見えてくる数々の新事実!応天門炎上の真犯人は誰なのか?絵巻に描かれた謎の人物は一体誰なのか?新視点により事件の真相、絵巻作成に秘められた意図が鮮やかに解き明かされる。

目次

序章 応天門の炎上
第1章 伴善男の生い立ち―大伴氏をめぐるキーワード
第2章 応天門の変の前夜
第3章 嵯峨源氏―嵯峨源氏をめぐるキーワード
第4章 応天門の変の真相―事件から事変へ
第5章 『伴大納言絵巻』の謎―謎は解かれた

著者等紹介

倉西裕子[クラニシユウコ]
昭和38年、東京都生まれ。日本女子大学文学部史学科卒業(中世英国史専攻)。日本赤十字社国際部を平成8年に退社後、日本史の研究に入る。専門領域は日本書紀紀年法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ボブチャンチン

9
応手門炎上事件で犯人となった伴善男の生涯とその時代背景から真犯人は誰か?数十年経った後白河天皇時代に何故絵巻が披露されたのか?最後に絵巻の登場人物は誰か?と最後は著者による古代〜平安に掛けての政治と国際社会を絡ませて推理を展開する。時代考証はとても楽しめたが、著者の推論は行き過ぎ感を感じた。蘇我氏と物部氏の神仏論争から鎌倉時代直前迄の出来事を織り交ぜた推論は凄い。大変奥深い謎の多い作品だと思った。 2019/04/09

ゆうゆう

5
伴大納言絵巻の謎①絵巻の3人は誰か?②主人公、伴大納言がどこにも描かれていない。応天門の変の真相から謎を追った結果、応天門の変の経緯だけでなく、7世紀から12世紀、3つの歴史を盛り込んだ異時代同図法が駆使された歴史絵巻であった。伴大納言絵巻、出光コレクション、見たいなぁ!2016/12/07

Fumihiko Kimura

1
史料が少ない時代ってのは書き方が難しい。筆者が相当想像を膨らましているようにも思うが、そう無理な見立てではないような。読む前は、本書より前に出ている黒田日出男氏の説の扱い辺りに興味を持ったが、特段の反駁などを見られず、その点少々残念。2012/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1037851

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。