親と子の愛と憎しみと

個数:

親と子の愛と憎しみと

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585054030
  • NDC分類 367.3

内容説明

典型的な親子の物語を読みなおす。「愛」と「憎しみ」から、親と子を見つめなおす。

目次

総論(親子の愛憎の根底にあるもの―母親の存在をめぐって;愛と憎の物語)
文学・芸能(中国文学に見る親子の情愛;韓国説話に見る親子の愛憎 ほか)
近代文学(芥川龍之介に見る親子の情愛;金子みすゞの母性愛と自分の時間―そして久保猪之吉とより江、白蓮 ほか)
宗教・哲学・歴史・伝説(アリストテレスの生涯と思想における親子の情愛;源信とその母 ほか)
漫画世界(『サザエさん』の親子の愛憎―磯野家創造;星一徹・飛雄馬の“光”と“闇”―『巨人の星』に見る父子の愛憎 ほか)

出版社内容情報

親殺し子殺し、家族の断絶が叫ばれている。しかし元来、親と子は人が生きる上での最も基本的な人間関係であった。文学・説話から映画・漫画まで、さまざまに描かれてきたその関係を見つめ直し、親子のあるべき姿を問い直す。