精神科医からのメッセージ<br> シャルコー―力動精神医学と神経病学の歴史を遡る

個数:

精神科医からのメッセージ
シャルコー―力動精神医学と神経病学の歴史を遡る

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585052791
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0047

内容説明

近代神経学の創始者シャルコーと19世紀末という時代を、大ヒステリー=大催眠理論を論じた講義録を中心に読み解き、今日的問題にまで敷衍する評伝と論考の試み。数多くの医学者、思想家、文学者に影響を与え、多領域に「シャルコー的問題」を投げかけつづける巨人を現代的視座からとらえ返す。

目次

第1章 すべてはシャルコーからはじまる
第2章 男性ヒステリーとは?―『神経病学講義』より
第3章 シャルコー神経病学の骨格
第4章 大ヒステリー=大催眠理論の影響―フロイト・ジャネ・トゥーレット
第5章 シャルコーとサルペトリエール学派
第6章 『沙禄可博士神経病臨床講義』―『火曜講義』日本語版の成立と三浦謹之助
第7章 シャルコーの死とその後
第8章 シャルコーと十九世紀末文化―ゴッホのパリ時代と『ルーゴン=マッカール叢書』
終章 ヒステリーの身体と図像的記憶

著者等紹介

江口重幸[エグチシゲユキ]
1951年生まれ。1977年東京大学医学部卒業。精神科医。長浜赤十字病院、都立豊島病院を経て1994年から東京武蔵野病院に勤務する(現在研究教育部長)。精神科臨床と併行して、医療人類学と精神医学史に関心を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きつね

1
自然主義やシユルレアリスムがでてくる後半が大変面白うござった。シャルコーその人の評価についてはエランベルジェよりも寛容。どちらが公平な態度なのかぼくにはちょっとわからない。2012/09/18

さとし

0
遺伝=変質理論、神経=筋・情動表出理論、自動症理論、動物磁気=催眠理論、ヒステリー理論、連合心理学など、シャルコーの考え方の大枠が分かりやすく解説されていた。「(神経病もしくは関節炎)家系」が素因としてあり、そこにたまたま生じた外傷が「誘因」となり発症するという考え方は、エピゲノムを連想する。シャルコーの観察眼の鋭さが伝わってきた。2021/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/329413

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。