ワニ文庫
桶狭間伝説の嘘―つくられた信長像

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784584393918
  • NDC分類 210.47
  • Cコード C0121

出版社内容情報

信長は小心者だった! 今川軍2万5千vs.織田軍2千ではなく、今川軍1万vs.織田軍5千が真実だった…本書は、「信長=変革」という誤った記号が作り出された淵源に位置する「桶狭間」に新たな真実の光を当てる。

内容説明

「圧倒的少数だった織田軍が、豪雨の中で今川軍を破った」という定説は、果して事実だったのか。当時の戦況を読み直すと、周囲の武将との力関係を冷静に読んだ上で計略を展開した、狡猾な計算者としての信長の顔が見えてくる。新たな信長像を基に、桶狭間の戦いを再検証。「桶狭間の戦い」通説への違和感の正体を明らかにしていく。また、豊富な地図資料や写真をもとに、地政学的な見方で桶狭間の戦況をつづる。伝説に覆い隠されていた、本当の桶狭間の戦いを俯瞰的に読み解く。

目次

「信長=変革」という記号
通説に対する疑義
両軍の国力(1)―『日本戦史・桶狭間役』の分析
両軍の国力(2)―尾張の国情
両軍の国力(3)―今川領
戦端
進軍
戦機
奇襲
戦果
謬った記号

著者等紹介

太田満明[オオタミツアキ]
1960年、兵庫県三原郡(現・南あわじ市)生まれ。大阪教育大学卒。兵庫教育大学大学院修士課程修了。現在、兵庫県立洲本高等学校教諭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

黒猫

11
信長本願寺10年戦争の流れで購入。桶狭間の戦いについて、通説を否定して、信長公記の矛盾を暴き、当時の石高から両者の兵力を分析している。今川義元上洛の文言は過去の資料から見つからないと否定している。なぜ義元は信長の尾張に乗り込んだのかなど、色々おもしろい。著者の推測もかなり含まれているが、信長が上杉謙信や武田信玄に朝貢外交を行うなど通常さらりと流されてしまう辺りにスポットを当てている。現在の政治に信長を求める声を否定し、信長の陰湿な部分にスポットを当てながら武人として秀逸であるなど信長を捉えている。2016/05/04

おっとぅ

0
☆★★★★ 他の著者を否定し、自分の見解と想像の押し付けが多く、あまり好感がもてなかった。2017/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10796119

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。