ワニ文庫<br> 孫子の盲点―信玄はなぜ敗れたか?

電子版価格 ¥610
  • 電書あり

ワニ文庫
孫子の盲点―信玄はなぜ敗れたか?

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784584393802
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0121

内容説明

武田信玄はなぜ天下を取れなかったのか?武田軍の農兵の比重の高さや組織の旧式性を声高に指摘する識者は多い。また、甲斐の国は都からも遠く、当時は貧国であったことは事実である。だが、信玄の天下取りがかなわなかった真相は別にある。信玄を語る上で欠かせぬ、兵法書『孫子』。その教義の限界が、天下人の道を大きく阻んでいたとしたら…。宿敵・上杉謙信との川中島の激闘、徳川家康を一蹴した三方ヶ原、対信長政策など、旧来の歴史観がつくり上げた常識を打ち破る渾身の意欲作!

目次

序章 武田信玄の新しい見方
第1章 『孫子』の効用―甲斐統一から信濃制圧(甲斐の地勢と地政;権力の確立と甲斐の強化 ほか)
第2章 『孫子』対『呉子』―川中島の戦い(川中島の地政と上杉謙信の登場;天文二十二年の合戦から弘治三年の合戦まで ほか)
第3章 『孫子』対『孫子』―東海進出と関東との抗争(新たな膨張先・上野;勢力均衡の崩壊と東海進出―出遅れた『孫子』 ほか)
第4章 『孫子』の限界―『君主論』との比較(上洛の意味;上洛作戦 ほか)

著者等紹介

海上知明[ウナカミトモアキ]
中央大学経済学部卒。企業に勤務しながら大学院に入学。平成14年3月、博士(経済学)。現在、東京海洋大学・芝浦工業大学・国士舘大学にて非常勤講師。戦略研究学会古戦史研究部会代表。首都大学東京のオープンユニバーシティで「川中島合戦」「古戦史にみる戦略の発見」などを担当。孫子経営塾理事。孫子経営塾では孫子基礎講座などを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。