ワニ文庫<br> ビクトール・フランクル絶望の果てに光がある

個数:

ワニ文庫
ビクトール・フランクル絶望の果てに光がある

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年05月27日 14時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784584393291
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C0195

内容説明

全世界で1000万人が涙した『夜と霧』の著者である心理学者・フランクルの言葉を軸とした、現代を生きるための人生指南の書。もしも、あなたが今、生きることにむなしさを感じているのなら、フランクルの言葉を聞いてみてください。きっと他の誰のものとも違う、自分自身の「生きる意味」が見つかるはずです。苦境に立たされた時にこそ、手に取ってほしい1冊。

目次

ひたひたと押し寄せてくる、慢性的な空虚感から目を逸らしてはならない
幸せは、求めれば求めるほど逃げていってしまう
我を忘れて誰かのために何かを行う。そのことではじめて人間は真の自分を発見するのだ
苦悩そのものが問題なのではない。「何のために苦悩するのか」という叫びに答えのないことが問題なのである
あなたの内側を見つめるのをやめなさい。大切なのは、あなたの心の中に潜んでいるものではなく、「未来であなたを待っている」ものである
たとえ一瞬でも、どれだけ精神の高みに昇ることができたかによって人生の価値は決まる
愛は、人間の実存が高く昇りうる最高のものである
人生は、暗闇の中で演じられている一つのステージのようなもの
過去の「思い出」は、何にも替え難い貴重な財産である。「生きぬかれた過去」は、時間の座標軸に永遠に刻まれ続ける
人生の意味を疑うのは、その人の高い精神性の証である〔ほか〕

著者等紹介

諸富祥彦[モロトミヨシヒコ]
1962年、福岡生まれ。筑波大学、同大学院博士課程修了。千葉大学教育学部助教授を経て、明治大学文学部教授。教育学博士。日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、臨床心理士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件