コンビニが日本から消えたなら

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

コンビニが日本から消えたなら

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2020年01月21日 07時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584139585
  • NDC分類 673.8
  • Cコード C0036

内容説明

抜群の親しみやすさ!バイヤー経験に基づく確かな目利きで流通界に鋭く斬り込む!コンビニを見ると気づく日本経済復活論。いい仕事をするための教科書。

目次

未来のコンビニはすでに始まっている!
世間を揺るがすコンビニTOPICS
第1章 コンビニは社会問題解決の最前線!(コンビニから見た「超高齢社会」シニア層に向けたお店づくり;コンビニから見た「健康・医療」市販薬の販売と健康志向がテーマ ほか)
第2章 コンビニこそ商品開発の最前線!(コンビニの商品開発事情問われるバイヤーの手腕;開発した商品は計730品!豪腕バイヤーの着眼点とは?)
第3章 実話!渡辺広明のコンビニ物語(店内に噴煙!店の横がヤバめな道場!?「暴走族」や「暴力団員」の来店;1000円貸したら月3万円の損!?「ホームレス」に親切にしたら…? ほか)
第4章 目からウロコのコンビニ裏事情(小売業有利になったリベートの実態;同じコンビニチェーンの店舗が近隣にも建つ理由 ほか)
第5章 コンビニの世界進出が、日本を救う!(コンビニは「世界最高のリアル小売業」!)

著者等紹介

渡辺広明[ワタナベヒロアキ]
静岡県浜松市出身。東洋大学法学部経営法学科卒業。マーケティングアナリスト、流通アナリスト、コンビニジャーナリスト。静岡県浜松市の親善大使『やらまいか大使』。(株)ローソンにて店長・スーパーバイザー・バイヤーとして22年勤務。約730品の商品開発にも携わる。ポーラ・オルビスグループ(株)pdc勤務、TBCグループ(株)で商品営業開発・コラボ企画・海外業務を歴任後、(株)やらまいかマーケティング代表取締役社長に。テレビコメンテーターをはじめ、多種多様なメディアで活躍中。『流通未来研究所』(オンラインサロン)を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

少子高齢化デフレ、AIデフレという新地獄に負けない、さまざまな経済戦略が実はコンビニで行なわれている。『Live News α』『ホンマでっか!? TV』のコメンテーターとしておなじみ、日本一のコンビニ流通アナリスト渡辺広明氏が、コンビニの最新施策を分析し、流通・小売業界はもちろん、あらゆる業界で働く人にとって有益な「気づき」を解説。これから「いい仕事!」をしたいと願うすべての人のために、ビジネスの未来図を示します。あなたは1日何回コンビニに行きますか? コンビニから日本の未来が見えてきます。