大日本帝国をつくった男―初代内閣総理大臣・伊藤博文の功罪

個数:

大日本帝国をつくった男―初代内閣総理大臣・伊藤博文の功罪

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 03時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584138465
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

アジアの中でなぜ日本だけが近代化に成功できたのか?貧農出身から“愛されキャラ”で政権トップまで上りつめた伊藤博文。「国会」「憲法」「銀行」「鉄道」「電信」「四民平等」etc.近代日本を建国した人物の軌跡―。

目次

まえがき 初代にして最年少の総理大臣
第1章 マンガのような激動の青年時代
第2章 「封建制度」をぶっ壊せ!
第3章 「文明開化」の伝道師
第4章 「中央銀行」という世界最先端の金融システム
第5章 「大日本帝国憲法」の光と影
あとがき 伊藤博文が危惧した日本の未来とは?

著者等紹介

武田知弘[タケダトモヒロ]
1967年福岡県生まれ。西南学院大学経済学部中退。1991年大蔵省入省。1998年から執筆活動を開始。1999年大蔵省退官、出版社勤務などを経て、フリーライターとなる。歴史の秘密、経済の裏側を主なテーマとして執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

伊藤博文は知られた存在ではあるが、昨今、韓国人に暗殺されるというイメージが強くなっている。しかし近代日本をつくったのはまぎれもなく彼である…。明治維新150周年に初代内閣総理大臣の功罪を追求する。